メーカー再整備品がお得

スポンサーリンク

先日、某PCパーツのECサイトを覗いていた時、ふと「在庫処分・修理上がり品」なるカテゴリーがあるのを発見しました。

基本的にPCパーツは新品を選択するのがベター(中古品とあまり価格差がなくお得感がない)なのですが、たまたま見かけた3.5インチHDDドライブは市場価格の半値以下の値段だったので、人柱…もとい、冒険して購入してみました。

ちなみに、メーカー再整備品は一般的な中古品とは違い、製造元(または認可を受けた工場)が一旦商品を受け取り修理や再検査をパスした商品です。

中古パーツ店で売られているのは、その中古パーツショップ内で動作チェックなどを行っただけの商品なので、根本的に物自体が違うと考えて良いと思います。

蛇足になりますが、PCパーツショップで売られている中古品にも何個が種類がありまして…狙い目なのは、新品で販売後、何らかの理由で返品されたものはお得です。見分け方は経験と言うしかありませんが、基本的に発売時期が新しいかったり、マザーボードだとコンデンサなどの部品が新品同様に綺麗だったり…特に埃など隙間に入り込んだのは全部綺麗に取り払うの大変ですからね…

ネットでは確認できないので、実店舗だけに許された楽しみの一つかも知れませんね!

さて、本日無事に届いたので、早速ドライブを割り当てて、フォーマットして「CrystalDiskInfo」にて再生品HDDドライブの状況を調べてみました。

まずは1980円だった「WD20EZRZ」から。

全く問題無しでした。

まぁ、当然と言えば当然ですけど…

WDのハードディスクは本来のラベルで色付けされていますが、このHDDドライブは白色ラベルでした。

検索して引っかかるのは「WD20EZRZ-RT」ですが、この「-RT」もなし、古い物(ラベル色付け前の物)なのか再生品だからなのかは不明です。

電源投入回数が5回になってます。

私は1回入れただけなので、過去に4回(初期不良で返品なのかな?)接続したのか、工場で一旦リセットされたのかもわからないですね。

ただ、2TBの3.5インチHDDが1980円(税込・送料無料)はお買い得だと思います。

最後に3280円だった「WD30EZRZ」です。

こちらも全く問題無しです。

ラベルも真っ白で「WD20EZRZ」と同じ。接続回数も5回です。

これを見る限り、この電源投入回数は工場で一旦リセットされてるみたいですね。

両3.5インチHDDドライブ合わせて容量5Tを5260円。

1TB辺り1052円は、通常だと1TB辺り1869円(価格.com調べ)なのを考えればかなりお買い得だったと思います。